登壇情報 | 大地の芸術祭「渋谷ヒカリエShinQs芸術祭」のリレートークに当社代表の山野が登壇しました。

ニュース

2017年11月21日に開催された、大地の芸術祭実行委員会主催「渋谷ヒカリエShinQs芸術祭」のリレートークにて、北川フラム氏、藤田直哉氏と共に当社代表の山野がモデレーターとして登壇し、芸術の捉え方や地域を巻き込んで芸術祭を開催する意味、今後の可能性・発展等についてトークセッションを行いました。

▼登壇テーマ

「地域における芸術祭の意味」

▼登壇者

  • 大地の芸術祭総合ディレクター 北川 フラム氏
  • SF・文芸評論家 藤田 直哉氏
  • アソビュー株式会社 代表取締役社長 山野 智久(モデレーター)

※「大地の芸術祭」とは
過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から開催されている世界最大級の国際芸術祭です。

 

【アソビューの取り組み】
2016年より、当社代表の山野は大地の芸術祭のオフィシャルサポーターを務めており、里山ダウンヒルツアーの企画のほか、スタンドアップパドルやバンジートランポリンのアクティビティ提供等を通して地域に貢献しています。
(詳細はこちら⇒越後妻有 大地の芸術祭での取り組み

「渋谷ヒカリエShinQs芸術祭」のリレートークに、北川フラム氏、藤田直哉氏と共に、当社代表・山野が登壇しました。
「地域における芸術祭の意味」をテーマに、トークセッションを行いました。